着やすいマタニティウェアなら通販サイトで探そう【コツを紹介】

母体や赤ちゃんを守るため

ウーマン

伸縮性と保温性

マタニティウェアとは、お腹が膨らんだ妊娠中の女性のための衣服です。ワンピースやジーンズなどマタニティウェアには種類が多くあるのですが、いずれも伸縮性のある生地で作られています。お腹の膨らみに合わせて程良く伸び縮みをするので、妊娠中期から後期まで、着用を続けることができます。中には、ややサイズの大きな衣服を代用するという女性もいます。たとえばウエストサイズが大きいジーンズなどですが、これを着用する場合、ずれ落ちることを防ぐために、ベルトでしっかりと固定する必要があります。ウエストを締め付けるわけですから、赤ちゃんに悪影響を与える可能性があります。しかしマタニティウェアなら、締め付けない程度にフィットする構造になっているので、無理に固定する必要がないのです。さらにマタニティウェアは、多くの場合はやや厚手の保温性のある生地で作られています。そのため着用している間は、下腹部や腰などが冷えにくいと言えます。冷えは腰痛や貧血の原因となる上に、赤ちゃんの成長の妨げとなることもありますが、マタニティウェアならそれらからも、母体や赤ちゃんを守ることができるわけです。このようにマタニティウェアは、妊娠中の女性にとっては非常に頼りになる衣服なのです。ただし、デパートなどの一般的な女性服売り場では、基本的には販売されていません。そのため、マタニティウェアの専門店や赤ちゃん用品店で購入することになります。自宅付近にこれらがないという場合は、通販でも購入可能です。